« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月30日 (月)

大谷石

最近自分の中でお気に入り素材はやはり大谷石。昔は塀基礎の装飾としてよく利用されていたが雨風等で風化しやすくあまり使われなくなった凝灰岩とも呼ばれる石。その表面はややざらつきがあり滑りにくい。又靴汚れが一度付いてしまと以前の様な綺麗さは戻らないが、その汚れが使い様によっては味が出てきていい感じになる。庭の石畳や階段等に使用しても良いと思029 うが写真の様な店舗の床に使用ても面白いですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月26日 (木)

今日も朝から応える寒さ。いくら体を動かしても体が暖まらない。空を見上げればちらほら雪が降ってくるし・・・春はまだ遠いのか・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月23日 (月)

日曜

昨日の日曜は朝から垣根の講習会に参加してきました。以前から気になっていた大徳寺垣。講習期間も五日間ありまして昨日はその垣根の下ごしらえ作業を行ないました。仕上げ用の竹穂や中に詰める穂の選別や伐採したクリの木でなぐり柱をカンナで仕上げる方法等、大変勉強になり楽しかったのですが、午後から太子講がある為、約二時間程で泣く泣く退散してきました。

太子講とは大工や鳶職人、植木屋職人などの職人仲間を聖徳太子を守護神として一年に一度、1月22日に集まって太子をまつる行事です。毎年鎌倉の宝戒寺で行なわれ今年一年、無事怪我のないよう祈願もしてきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月20日 (金)

雪で

今日は朝から雪模様。仕事はというと現場作業は中止だったのですが、打ち合わせや現場の段取り等で気が付けば既に3時過ぎ。おまけに習い事をしている子供を迎えに行ってくれとの事で、少しの昼寝くらいはしたかったですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月16日 (月)

洗い出し

今日は昨日行なった砂利の洗い出し作業の「洗い作業」。言葉だけでは「?」状態でしょうが、洗い出しとはモルタル(セメント+砂)と目の細かい砂利を混ぜ合わせ、それを下地等に塗り込み、砂利が落ち着いたら表面のモルタルを洗い流して混ぜ込んだ砂利を表面に表わす工法。気温が低いので、昨日作業でも今朝十分にモルタルを洗い出すことが出来ました。モルタルに色粉や中に混ぜる砂利等を変えることによって様々な表現をすることが出来る工法、色々な色目も楽しめて面白い037 ですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月13日 (金)

路地裏

2012011322080000 昨日見ましたか?鎌倉を舞台にしたドラマ(最後から二番目の恋-フジテレビ)を。以前から鎌倉市役所や鎌倉の坂ノ下周辺で撮影を行なっているのを聞いておりまして主演は小泉今日子。そんな小泉今日子が演じているのはテレビ局のドラマプロデューサーで更年期症状で倒れてから、鎌倉の古民家に暮らし、鎌倉の新たな人達に出会う・・・そんな感じのドラマです。実を言いますと只今坂ノ下で工事仕事をしてまして、その場所がモロ撮影現場と言う所でテレビ的に上手く映す物だな~と感心してしまいました。

鎌倉の坂ノ下や材木座など古民家が立ち並ぶ地域は路地が多数存在し、何とも言えぬ良い雰囲気を出しております。車も通らず歩行者やたまに通る自転車・・・その路地を歩いていると高い板塀からのぞく建物は「昭和の匂い」が漂ってきます。都会暮らしもいいけど、何だろう・・・車の雑音は入るけど、上を見上げると真青の空と山が見えるし、波の音と潮の匂いを感じながら路地を歩いている。やっぱりいいよね鎌倉は・・ね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年1月11日 (水)

デッキ張替え工事

今日はデッキの張替え工事を行いました。約5年使用していた材料は雨風の影響でボロボロ状態。根太等の材料は亜鉛メッキ材の骨組みで影響がなかったので表面の板材のみの交換で耐用年数の大きいウリン材を使用しました。これでもうしばらくは交換等の心配はいらなくなりましたね。034

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 9日 (月)

仕事始め

今日から仕事始め。本年もよろしくお願いいたします。

本日の現場は都内にある邸宅。周りを見渡すとビルに囲まれている中での一角で庭には多くの樹木が植えられており都会のオアシスと言ったところでしょうか。私自身様々な場所での作業を行なっていますが今日みたいな一味違った雰囲気での作業。なんだか落ち着きの無い一日でした。2012010912390000

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »