« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月31日 (土)

足立美術館

154 週の初め、休みを利用しまして足立美術館に行ってきました。実業家、足立全康さんが71歳のときに開館したもので横山大観や北大路魯山人を中心に展示してある美術館である。美術品に加えその建物を取り囲む日本庭園がもう一つの特徴になっており、枯山水や苔庭、池庭などの広大な敷地には借景も取り入れられ、山々を取り入れた借景は樹木一つ一つが生かされている感じが見えた。また庭に植えられている樹木や石などは足立全康が全国を歩き回り自ら選んできた物とはただ頭が下がる次第である。

こうして考えると庭はいくら良い石や樹木を植えても、その作者の意図が弱ければ良い物に負けて庭が生きてこない。今こうした庭が多いと正直感じており、材料以上に作者の意図、創造性が見えてこない。作業方法、工法等は確かに重要だが、そうした創造性を養う力が、これからの自分にとって大切な物になってくるに違いない。「人とは違った創造力」それが認められる物を目指して日々精進していくつもりであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月23日 (金)

メタボリックシンドローム

~今回のテーマ「メタボリックシンドローム」をいかに庭に結びつけるか。ふざけている様に感じる方もいるかもしれませんが、庭等の図面を書く上でこの「テーマの結びつけ」が重要だと思っております。どんな庭つくりにもテーマ(思い入れ)があり、それらがないとだだの植栽スペースになってしまう。そこにテーマを置く事で、その庭自身が見えてきて生きてくるもので、そうしたテーマ性と庭つくりの結び付けを養うことが、さらに良い物が作れる事と感じております~0101

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月14日 (水)

国際バラとガーデニングショウ

いよいよ始まりました、国際バラとガーデニングショウ。本日は朝から展示ブースの前で作品を見に来てくれるお客さんとの対応。何を思い何を感じたか?とても作者が気になることに直接お客さまと色々話ができとても参考になりました。また、昨日審査会があり私の作品が見事「奨励賞」を頂くことが出来ました。この頂いた賞も周りに人にご協力を頂いた結果だと感じております。有難うございました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年5月 8日 (木)

国際バラとガーデニングショウ

最近ガーデニングショウの準備に大忙しで、ブログの書き込みがなかなか出来ませんでした。

昨日もショウ用の花を選びに大田市場にいつもお世話になっている社長さんと夕方から行ってきました。自分の性格上、こだわりの庭を創りたいと思うと夢中になりすぎて、昨日も時間を忘れ、夜中の二時まで約五時間も花選びに時間がかかってしまいました。ここまでの準備期間も仕事終わってからの大体9時過ぎまで連日連夜。ようやく時間の余裕が見え、残すは当日の西武ドームでの作業。悔いの残らないような物に仕上げていこうと思っております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »